カテゴリー「 キャンプ」の104件の記事

2022年5月29日 (日)

「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」に行ってきました②(5月29日)

2日目も快晴です。
私は午前2時前に一度トイレに起きましたが、正に満天の星空で素晴らしかった。一気に目が覚めてしまいました(^^)/。

5時半過ぎに起きだして少々写真撮影を・・・。まだまだシーンとした場内の様子です。個性的なテントがたくさん立っています。

Imgp4238

Imgp4239

昨日の天気予報では今日は30℃越えの夏日になると・・・。早めに撤収しないと・・・。

Imgp4240

細君が起きだしてきてから、まずは昨日道の駅常陸大宮で買ったカレーパンをコーヒーでいただきます。珍しく揚げてないカレーパンで胃に優しい。

Imgp4242

続いてソーセージを焼いて食パンをいただきます。

Imgp4245

合間にちょっと1枚。今朝は東から高く昇る陽光の対策で、昨日とは反対側を跳ね上げています。

Imgp4243

食パンに細君お手製のジャムをたっぷり塗っていただきます。美味しい。

Imgp4246

食後にヨーグルトを・・・。いただきモノの高級ブルーベリーをトッピングしています(^^)。

Imgp4247

さて本格撤収作業です。ツインビルツの方は朝起きると内外とも結露でびっしょりでしたが、午前10時前にはカラカラに乾燥していました。有難い。テントの底も日に当てます。

Imgp4248

さていよいよツインビルツを撤収します。この幕は今回で8泊目の利用です。オープンタープとしてもフルクローズしてシェルターとしても使える優秀な製品です。大雨は未経験ですが、あらかじめ相応の雨量が予想される場合は、帰宅後の乾燥の手間を考えるとポリエステル幕をチョイスするのが現実的でしょう・・・。

Imgp4249

撤収後の我々が設営した場所です。洗い場。トイレが近くなかなか良い立地でした。ただ、細君はやはり個別サイトの方が落ち着けると言っていました。

Imgp4250

車の後ろにすべての荷物を運んで積み込みします。

Imgp4251

結局チェックアウトは10時半少々前です。前回のキャンプが撤収時雨に見舞われたので今回は大変ありがたく感じました。
前回と同じく「美和ささの湯」で入浴と食事を済ませて水戸IC経由で帰路につきました。

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラは今回で三度目の利用ですがフリーサイトは初めてでした。
土日の利用なので多くのキャンパーで賑わっており、夫婦二人でのんびりゆったりキャンプを楽しむといった雰囲気とはやや違ったかもしれません。
それでも結構時間に余裕もあって滞在自体をそれなりに楽しむことができたと思います。
細君は、流し場に「洗面は洗面所で・・・」と注意書きがあるにもかかわらず、多くのキャンパーが流し場で洗面歯磨きを行っていたことに大変立腹していました。ただ、流し場はお湯が出ますが、洗面所には給湯設備がないことが原因かと思われます。
リニューアルすることがあったら是非施設管理者に検討して欲しいポイントです。

 

| | | コメント (3)

「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」に行ってきました①(5月28日)

昨日から一泊で「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」に行ってきました。
1週間前にダメもとでホームページを覗いてみると個別サイト、フリーサイトともに空きがあるという情報になっていました。
そこで週明け月曜日に電話を掛けまくって、やっとつながったと思ったら個別サイトは既に一杯ということでかろうじてフリーサイトを予約した次第です。

当日は8時半に自宅を出て、道の駅常陸大宮で薪と新鮮野菜を購入、次に大子町のカインズに立ち寄って忘れてきたSDカードとジップロックを購入、最後におなじみのTAIRAYAさんで食材を調達しました。
キャンプ場には12時15分に到着です。早速チェックイン手続きを済ませます。ただ、アーリーチェックイン(2100円)にしない限り13時前のチェックインはできません。
ここでまた忘れ物に気が付きます。何とインフレータブルマットを忘れてきました('_')。小川キャンパルのクッションマットをレンタルして事なきを得ました(500円×2)。

さて13時に入場してフリーサイトに設営します。駐車場所から離れた場所だと設営に苦労するので、比較的近い場所を選びました。1時間半弱で設営完了です。
今日もツインビルツフォークTCとカンガルーテントSのコンビです。
ツインビルツは濃い影を作ってくれるので今日のような馬鹿陽気の日でも助かります。

Imgp4215

設営完了して銀座「鹿の子」のあんみつとアイスコーヒーで一服します。冷えていて美味しい。

Imgp4217

道の駅常陸大宮で購入した薪です。雑木でこの分量で350円・・・。大変リーズナブル。

Imgp4219

フリーサイトはまだまだ余裕があるようですが、駐車スペースに限りがあるので混み混みにはならないようです。

Imgp4220

ゆったりと設営しています。ツインビルツが西日を凌いでくれています。

Imgp4221

区画指定がないので番号プレートをテントに掲示しなくてはなりません。

Imgp4222

この後場内の温泉で汗を流します。温泉は15時45分スタートでした。細君と交代で入浴しました。やはり場内に温泉のあるキャンプ場はいいです。何と言っても時間にゆとりができます。

入浴後、明るいうちから夕餉スタートです。今回は一泊なので時短のため「炙り屋大将」を持ってきました。炭は熾しません。

Imgp4223

私はもともとナスが好物なのですが、鉄板で焼いた新鮮な地元産ナスは最高です。

Imgp4224

こちらはできあいのメンチカツを温めています。

Imgp4226

我が家のキャンプの定番チキチキボーンを焼きます。

Imgp4227

閉めに常陸牛をいただきます。安定のおいしさ・・・。

Imgp4230

食後に場内一周ウォーキングをしてセンターハウスでアイスクリームを購入。

Imgp4231

酔い覚ましにいただきました。

Imgp4232

そしてしばらく焚火を楽しんで細君共々21時半にはシュラフにもぐりこみました。

Imgp4234-2



| | | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

「上小川レジャーペンションに行ってきました③」(5月7日)

最終日です。空には青空ものぞいていて、この時点では雨の心配は全くしていませんでした。
朝のキャンプ場の静謐さは大好きです。

Imgp4190-2

Imgp4191-2_20220508204901

場内施設案内・・・。
バーベキューハウス。

Imgp4192

2019年の台風ではここまで水に浸かったようです。四万十川の「かわらっこ」の管理棟にも同様のものがありました。水害恐るべしです。

Imgp4193

Imgp4194

こちらは洗い場。

Imgp4196

右奥がトイレ。水洗で清潔ですが、こちらはウオッシュレットではありません。

Imgp4197

記念撮影にピッタリのキャンプ場のシンボル。

Imgp4198

管理棟です。9時から17時までオープンです。

Imgp4199_20220508204901

シャワー棟です。左は女性専用パウダールームです。細君に言わせると「お湯が出ないんじゃダメだ」と・・・。

Imgp4200

こちらもトイレ棟。ここはウオッシュレットでした。

Imgp4201

国道まで出るとこちらの案内看板がデーンと。

Imgp4204

受付はパーキング1に車を停めて・・・

Imgp4206

こちらで検温と必要書類を記載します。その後、車は置いたまま右下に見えている管理棟に清算に行き、サイトの指定と場内での諸注意の説明を受けます。そしてパーキング1の車に戻って初めて入場可になります。

Imgp4202

山が美しい。

Imgp4205-2

我々のテントサイトは「HIDAMARI」です。

Imgp4207

さてサイトに戻って朝ご飯の準備・・・。

Imgp4208

初日に「道の駅はなわ」で買った豆餅です。

Imgp4209

炭火で焼いて・・・

Imgp4210

辛子砂糖醤油でいただきます。美味!

Imgp4211

食後に撤収を開始してしばらくするとポッポッと雨が落ちてきました。これでツインビルツをはじめとする幾つかの装備品が結構濡れてしまいました。

Imgp4212

それでも何とか撤収完了。ツインビルツは今回で7泊目の利用でしたが、大変使い勝手の良い幕です。唯一の欠点は幕内で中腰での移動を強いられることくらいでしょうか・・・。

Imgp4213

濡れ物も最低限で済みました。
10時過ぎにはキャンプ場を後にします。

今日立ち寄った日帰り温泉はこちら。

Imgp4214

入浴後に館内のお食事処でランチをいただきます。初めての利用でしたが、なかなか充実した日帰り温泉施設でした。

今までの連泊キャンプで毎日違う入浴施設を利用したのは初めてかもしれません。なかなか変化があってイイかも…。

かくして2泊3日のキャンプも終了です。
昨年の暮れ以来のキャンプでしたが、忘れ物が多かった。雑巾に吸水タオルに雨衣???。そして傘も一本しか積んでいなかった。
「備えよ常に」です。
それでも基本的に天気にも恵まれて、楽しい3日間を過ごすことができました。万歳!

次回は那須方面にキャンプに出掛ける予定です。

 

| | | コメント (2)

「上小川レジャーペンションに行ってきました②」(5月6日)

第2日目の朝も久慈川のせせらぎの音とともに明けました。
朝の幕内の温度は10℃ちょっとでした。5時に起きだして直ちにアルパカに点火してこの温度です。

Imgp4134_20220508165201

今回もカンガルースタイル。

Imgp4133_20220508165201

朝ご飯はこちらです。美味しくいただきました。美味しそうに見えない…誰だ(>_<)

Imgp4141

我々のサイトは川から一段高くなった場所で両隣にキャンパーはおらず、比較的静かな環境です。

Imgp4138

ツインビルツはグリーンシーズンには初登場ですが、遮光性の高いポリコットン幕の本領発揮です・・・。

Imgp4136

シュラフを干します。

Imgp4143-2_20220508165201

川沿いのサイトはほぼ満サイトです。

Imgp4145-2

片側をオープンにすると風が抜けて快適です。

Imgp4144-2

Imgp4147-2

無印のボックスも活躍中です。

Imgp4146-2_20220508165301

久慈川の流れです。結構水量がある感じがしました。

Imgp4149-2

環境的にはグッドです。

Imgp4148-2

さて今日は県境を越えて福島県下塙町の「道の駅はなわ」に立ち寄り、同町内の「湯游ランドはなわ」で入浴してのんびりする予定です。

こちらは道の駅はなわの軒下に営巣しているツバメ君です。お見かけしたところツバメ君たちには天国のようでした(^^♪。

Imgp4150-2

なかなか賑わいを見せています。野菜、おにぎり、お寿司、お弁当が売れ筋のようです。我々もお稲荷さんを購入しました。

Imgp4151-2

道の駅から山間部をしばらく走ると「湯游ランドはなわ」に到着です。
昼間大人800円の利用料ですが、JAF会員は500円と大変お得。
宿泊施設であることもあり、お風呂も大変広々としていてゆったりできました。
湯上りに座敷で昼食をいただきます。こちらは町民いこいの場所といった感じです☺。

Imgp4152-2

帰りにカインズとスーパーで若干の買い出しをしてサイトに帰還しました。

Imgp4156-2

2時過ぎに戻ってきました。

Imgp4159-2

ケーキで一息入れます。

Imgp4153

今日は早めに炭熾しを開始。

Imgp4158-2

4時半ころから食事スタートです。

Imgp4160-2

カンパーイ!

Imgp4161-2

油揚げをいただきます。ピンボケですが味は確か・・・。

Imgp4164-2

昨日のナスの残りも・・・。

Imgp4165-2

オイルランタンに灯を入れます。

Imgp4171-2

我々のサイトは10番サイトです。

Imgp4157

早めのスタートでしたので途中休憩をはさみつつ・・・

Imgp4166

オープンにしていたツインビルツをクローズにして夜間体制に移行します。

Imgp4168

大きなハムかつ様の揚げ物は徳島名物「フィッシュかつ」です。先日徳島からお取り寄せしました。

Imgp4169

サニーレタスで巻いて食べると絶品です。歯形が付いていてごめんなさい。マヨネーズも合います(^^♪。

Imgp4170

食後は焚火でまったり・・・。

Imgp4177

昨夜は足元が少々寒いような気がしたので、今日は足元にホッカイロをセット・・・。

Imgp4181

夜が更けていきます。

Imgp4182

夜は雰囲気が最高です。

Imgp4186

気温はぐんぐん下がります。

Imgp4174-2

焚火を楽しんだ後消灯しました。明日は一時雨マークも出ていたのですが、曇りに変わったので安心してシュラフに入りました。

Imgp4183-2

 

| | | コメント (0)

「上小川レジャーペンションに行ってきました①」(5月5日)

ゴールデンウイークの後半に1日休暇を取って茨城県大子町所在の「上小川レジャーペンション」に細君とキャンプに行ってきました。名称はペンションですが、れっきとしたキャンプ場です。
このキャンプ場を訪れるのは子供たちが小学生の時のデイキャンプ以来ですので、25年ぶりくらいになるでしょうか・・・。
また2019年10月の台風19号で久慈川沿いのキャンプ場はどこも壊滅的な打撃を受けました。通常営業にこぎつけたと思ったらコロナ禍に見舞われ、ここ数年はまさに踏んだり蹴ったりの状態だった模様です。
それでも実際に訪問してみると多くのお客さんで賑わっていて、何よりといった感じでした。

道中の道の駅「常陸大宮」に立ち寄って新鮮な野菜と薪を調達します。

Imgp4105

下段にある薪はカシorナラで一束480円と極めてリーズナブルです。

Imgp4106

さらにいつも利用している大子町のスーパー「TAIRAYA」さんで食料品の買い出しを行い、道の駅「奥久慈だいご」で早めの昼食をいただいて、チェックイン時間12時少々前にキャンプ場に到着しました。

サイトは8×8mという事前情報でしたが、サイトによってバラツキがあるようです。
我々はツインビルツフォークTCを張りましたが、隣のサイトとの境目は地面に引かれたトラロープで緩衝地帯もないため、レイアウトには正直なところ結構悩みました。
それでも一時間半で設営を終了しました。

大子のお饅頭屋さんで仕入れた品々。
奥久慈シャモの卵で作ったプリンは絶品でした。

Imgp4107

西日が強い季節になってきました。ツインビルツフォークTCにして正解だった。最高気温は28℃でした。

Imgp4108

場内探訪・・・洗い場は4か所お湯が出ます。快適。

Imgp4111

こちらはバーベキューハウス。利用には別途料金がかかります。

Imgp4112

お洒落な看板・・・。記念にパチリ。

Imgp4115

16時から「関所の湯」が500円になるので(それまでは1000円)、16時前にサイトを出てお風呂に入りに行きます。
結構賑わっていました。
ただ、残念なことに5月10日をもって閉館となるそうです。地元の人にリサーチしたところコロナ禍になってめっきり客足が遠のいたことが大きいと・・・。惜しい気がします。

Imgp4117

サイトに戻ってもまだ日が高い。

Imgp4118

炭を熾して久方ぶりにバーベキューを・・・
まずは旬のソラマメを・・・(^^♪。皮のまま焦げ目が付くくらい焼くとほくほくの豆が堪能できます。

Imgp4119

こちらは岩手県の物産展で仕入れてあったサバのオリーブオイル漬けにジャガイモを足してアヒージョ風にしてみました。
サバの味が強すぎたようで、サバのみで食べたほうが正解だったかも(+_+)。

Imgp4122

野菜は極厚鉄板で焼きます。こちらは新鮮野菜のうまみが良く出ていて美味しい。

Imgp4124

この鉄橋を時折水郡線のディーゼルカーが通過するのが何とも味わい深い。

Imgp4110-2

流石に日が陰ると気温も下がってきました。

Imgp4123-2

焚火に点火。この薪は昨年暮れに有野実苑で調達した無料の薪です。

Imgp4126-2

焼肉も・・・

Imgp4128-2

ビールの後は地元で調達した日本酒を・・・

Imgp4129

なかなかイケます。

Imgp4130

ツインビルツの中で若干お酒をいただいて9時が消灯時間(静粛時間?)なので外のノーススターは消します。

Imgp4132-2

初日は9時半にはシュラフにもぐりこみました。

Imgp4131-2

アルパカ持ってきて正解でした。

三連休最終日のためか子供連れのキャンパーは少なく、ご夫婦、ご夫婦プラスペット連れが大半で静かな夜が過ごせて満足です。

| | | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

「有野実苑オートキャンプ場でキャンプ納め②」(12月20日)

2日目は寒い朝です。5時半にシュラフから出てコロナに点火してお湯を沸かします。

Imgp0809

サイト内はこんな感じで基本道具類は直置きを避けています。右に見えている無印のボックスはカットした角材の上に載せています。
これはかさばらないし経費も掛からないのでお勧めです。

Imgp0810

モーニングコーヒーをいただきました。

Imgp0811

外を散策すると地面が凍っています。

Imgp0813

有野実苑の良いところは、場内に様々な樹木があって四季折々に自然そのものが楽しめるところですね・・・。

Imgp0814

こちらはセンターハウス。8時半から17時までの営業です。

Imgp0816

最後の紅葉ですね。

Imgp0817

こちらは言ってみれば有野実苑の表札でしょうか・・・。

Imgp0818

フロントガラスがカチカチに凍っています。

Imgp0819

朝食はホットサンド・・・。マスタード不足で今一歩だった('_')。

Imgp0820

積み込み作業中。大変なことになっています。

Imgp0821

最後に幕を撤収します。

Imgp0822

こちらがお世話になったA-12サイト。

Imgp0823

有野実苑は今回で5回目。通算で7泊しており、お気に入りのキャンプ場と言っていいと思います。
前にも書きましたが、特筆すべきは場内のお風呂・・・。決してリーズナブルとは言い難いものの雰囲気は最高です。
また、サイトは十分な広さのものが多く、隣接サイトとのプライバシーにも配慮されているのもグッド。さらにはトイレはウオッシュレット、洗い場はお湯が出る場所もあるなど、かなりハイレベルな施設になっています。
個人的には自宅から一般道で1時間20分ほどで行くことができるので、これからも利用させてもらおうと思っています。

さて今年のキャンプは7月に八ヶ岳山麓の松原湖オートキャンプ場で3泊、先月大子グリーンヴィラで2泊、そして今回で計6泊となります。昨年は3泊しかできなかったのでましな方かと・・・。来年はもう少し精力的に野営活動?に親しめればと・・・。

| | | コメント (0)

「有野実苑オートキャンプ場でキャンプ納め①」(12月19日)

昨日から一泊二日で千葉県山武市所在の「有野実苑オートキャンプ場」にキャンプ納めに行ってきました。
一昨日は風が強かったですが、昨日は気温こそ低めだったものの、風はほとんどなく過ごし易い一日でした。

自宅を10時前に出発し、八街のスーパーで買い出しをして現地に向かいました。到着は12時20分です。スマホでチェックインに必要な事項を送信してから対面手続きになるのは昨年暮れと同様です。無論コロナ対策ですが、今後も続くかもしれませんね・・・。
今回はA-12サイト。奥まった感じのサイトでプライベート感がありました。とはいうもののこの日はキャンプ場全体で宿泊者は10組もいなかったのではないでしょうか・・・。
設営終了後にスーパーで調達してきた食材でお昼にしました。

Imgp0794

デザートはいただきもののチーズケーキです(^^♪。

Imgp0795

今回はオガワキャンパルのツインビルツフォークTCを外幕にDODのワンタッチテントを内幕にしました。DODは昨年購入していたのですが、コロナで出番がなく今回ようやく登板してもらいました。

Imgp0796

幕内はこんな感じです。

Imgp0797

外には焚火と炭火の両方をセット。

Imgp0798

ツインビルツは張り姿が洒落ています。まだ今回で5泊目の使用です。ポリコットン製のためか冬場はストーブの効きが良い。

Imgp0799

チェックイン時に15時半の一番風呂の予約をしました。今日はこちらの家族風呂です。もうちょっと熱くても良かったかも・・・。
有野実苑は近隣に日帰り温泉がなく、一番近いところまで車で20分程度かかるので、我々夫婦はいつもこちらの家族風呂にお世話になっています。

Dsc_0590_20211226073901

お風呂から上がって早めの食事の準備を始めます。
今日のメインディッシュはいただきもののこちらです。

Imgp0800_20211220195501

お酒も・・・。

Imgp0803-2

ダウンパンツの上にポリコットンのパンツを重ね履きしたので暖かでした。

Imgp0801

薪は無料薪置き場から手ごろなものをいただいてきて、持参の鋸でカットしました。

Imgp0802

外でのバーベキューは夏のキャンプ以来です。前回のグリンヴィラ大子では炙り屋大将利用のバーべーキューでしたので。

Imgp0804

鉄板と網を使って美味しくいただきました。

Imgp0805

焼きおにぎりも美味しかった。

Imgp0806

もくもく・・・(^^)。

Imgp0807

お肉をたっぷりいただいて満足・・・(ピンボケご容赦)。
お酒も結構いただいて10時前にはテントにもぐりこみました。

Imgp0808

| | | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」に行ってきました③(11月22日)

三日目の朝も5時すぎに目覚めましたが雨はまだ落ちています。
7時前には朝食の準備を始めました。

Imgp0781-2

今朝はトーストです。

Imgp0782-2

いただきまーす。

Imgp0784-2

食後はひたすら撤収作業を実施。ありがたいことに8時くらいには雨も上がり、まったく濡れずに撤収作業をすることができました。
10時にはこの状態です。
このアテナツールームは今回で8泊使用したことになりますが、これといった不都合のない優れたツールームテントです。ただ、強いて欠点を挙げればポールも含め結構な重量となること、冬場は下の写真でもお分かりいただけるとおり、内部が広大なので高出力ストーブを使用しないとなかなか幕内の温度が上がらないということくらいでしょうか・・・。

Imgp0785-2

アテナのいいところ①
下の写真では入り口上部のウォールを少し開けてメッシュにしています。外に庇がついているので、雨天でも雨が吹き込むこともなく容易に換気ができます、冬期に暖房器具を使用する時はここを適度に開けてサーキュレータを回すと効率的に換気ができます。これは結構ポイント高いと思います。

Imgp0786-2

アテナのいいところ②
①と重複するのですが、アテナには御覧のとおり↓出入口上に庇があります。雨天時にはこの庇があるとないとでは大違い。もちろん風があるような場合は役立たずでしょうが、まっすぐ落ちてくる雨には大変有効で、出入りに伴ってシェルター内を濡らすリスクが大幅に軽減されます。多くのツールームでも入り口に小型のタープを張れば解決される問題かとは思いますが、サイトスペースの関係でそれが叶わないような場合でも活躍してくれる標準装備ですね・・・。

アテナのいいところ③
アウターテントに一周ぐるっとスカートが装備されています。冬の冷たい風を防いでくれるのでありがたい装備です。アテナでないコールマンの国内販売のトンネルツールームのスカートはインナーテント側にスカートのないモデルがスタンダードかと・・・。

以上が8泊してのアテナのインプレッションです。
我が家ではアテナのほかにオガワのツインビルツフォークTCも所有しています(前回登板時の様子。)。冬場の幕内の暖かさではピルツに軍配が上がるのですが、今回は雨予報が出ていたため、使用後の乾燥の手間を考えて彼には自宅待機してもらうこととしました。

Imgp0787-2

さて、最後の撤収作業です。今回は大いに濡れましたが、ふき取り等をせずにそのままColemanの防水バッグに突っ込んで撤収完了としました。こちらは撤収後のお世話になったB2サイトです。初日にも書きましたが角地で十分な広さでした。

Imgp0788-2

場内通路で見つけた「最後の秋」です。

Imgp0790-2

やらせではありません・・・。

Imgp0791-2

個別サイトに残っているのは10組程度。

Imgp0792-2

Imgp0793-2

結局チェックアウトは10時50分でした。
その後「森林の温泉」で汗を流して「道の駅奥久慈だいご」で食事を済ませて帰路につきました。

「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」は今回で2回目の訪問です。東日本随一の高規格キャンプ場と言われるだけあり、よく整備され、清掃も頻繁に行われています。唯一残念なのは洗面所が水しか使えないことです。顔を洗ったり歯磨きをしたりするには冬場はちょっときついかなと・・・。前回も1月に訪問したのでそこのところは切に感じました。今後リニューアル等することがあれば是非実現させて欲しいポイントです。

| | | コメント (0)

「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」に行ってきました②(11月21日)

二日目は5時すぎに目が覚めました。日の出前の最低気温は2℃です。
まずはアルパカに点火します。続いて豆炭あんかに新しい豆炭を入れるために外で焚火を・・・。

Imgp0743-2

私は朝の静かなキャンプ場が好きです。

Imgp0744-2

だいぶ明るくなってきました。今日も天気はよさそうですね・・。

Imgp0745-2_20211125053801

Imgp0747-2

新しい豆炭をあんかに入れてホットカーペットのスイッチを入れれば朝の準備は完了です。

Imgp0746

今朝は昨日のすき焼きの残りを使って焼うどんにします。

Imgp0748

いただきます。

Imgp0749

日が射してすっかり暖かになりました。食後に洗い物を済ませて観光に出発です。

Imgp0750

県境を越えてまずはこちらへ・・・。

Imgp0752

なかなか大きな道の駅です。お昼ご飯を調達しました。地元の農協関係の方が「お米のアンケート」をやっていて我々も回答したところ、地元のはなわ米のプレゼントをいただきました。ありがとうございます。

Imgp0751

続いて「月待の滝」近くの「姫ヶ滝りんご園」に向かいます。
駐車場は満車だったのですが、親切なスタッフの方に誘導されて園内の空きスペースに停めることができました。

Imgp0753

紅葉が美しい。

Imgp0755-2

Imgp0754-2

りんご園も多くの皆さんでにぎわっています。我が家も5キロほど買い求めました。

Imgp0757-2

真っ赤です・・・。

Imgp0756-2

さて、こちらが「月待の滝」です。大子には何度も来ていますが、こちらは今回初めて訪問します。

Imgp0759-2

周辺の紅葉と相まって・・・

Imgp0758-2

なかなかの美しさです。袋田の滝に勝るとも劣らない名瀑です。

Imgp0760-3

パステルカラーの紅葉も素晴らしい。

Imgp0762-2

Imgp0764-2

竹林とのコントラストもきれいですね・・・。

Imgp0763-2

お昼過ぎにキャンプ場に帰還しました。

Imgp0765-2

道の駅はなわで買ってきたおにぎりと

Imgp0767-2

お稲荷さんでお昼にしました。手作り感があって、おにぎりもお稲荷さんもご飯がギューギューでした(^^♪。

Imgp0768-2

サイトは昨夜の利用者の8割方はチェックアウトしたようで閑散としています。明日の予報は雨ですが、今日の新規入場者はどれくらいいるんでしょうか・・・。

Imgp0766-2

幕内のインナーテント内の寝床です。二人で使うには少々インナーが広すぎるんですね。

Imgp0769

こちらはお座敷です。寝ころべるのが最高です。

Imgp0770

食後は、明日朝の雨撤収を見込んでタープと焚火グッズはすべて撤収しました。細君には作業中先に温泉に行ってもらいました。
撤収を終えてから細君と交代して入浴を済ませて食事準備です。
今日は炙りや大将で幕内バーベキューです。お肉はこちら・・・。とろけるような肉でした。

Imgp0771

お酒のアテはこちら。これも美味しい。

Imgp0773

カリフォルニアワインと

Imgp0774

日本酒も一杯ずついただきました。

Imgp0775

もちろん野菜類も焼いたのですが写真はありません・・・。
最後にご飯の代わりに道の駅で仕入れてきたお餅をいただきました。こちらも美味しかった。

Imgp0777

さて、これは・・・。細君が友人にキャンプ前日にいただいた大福です(';')。

Imgp0779-2

食後に腹ごなしのため場内を散歩して、センターハウスでこちらを仕入れてデザートとしました。

Imgp0780-2

大変満足して床に就きます。

ただ、夜10時近くなって雨が降り始めました・・・(+_+)。

| | | コメント (0)

「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」に行ってきました①(11月20日)

11月20日から二泊三日で当県大子町所在の「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」に細君と出かけてきました。
2か月ほど前に予約したのですが、2週間予報で好天が約束されていたところ、1週間ほど前に予報が変わり2泊目の夜から雨予報となったので、キャンセルまたは一泊への変更も検討したのですが、最終的には予定どおりに決行しました。

初日は13時のチェックインですので早めに大子町入りして、スーパーTAIRAYAで買い出しを済ませて車内で若干の腹ごしらえをしてからキャンプ場へ向かいます。
チェックイン手続きはスムースでした。ほとんど満サイトの模様でしたが個別サイトの方は若干の空きがあり(むしろフリーサイトがいっぱいの感じ)、我が家のお隣も空きサイトになっていました。

今回の使用幕はコールマンアテナです。
寝床について解説しておきます。
インナーテントとグランドシートの間にアルミ蒸着シートを敷いて断熱。インナーテント内には純正のクッションマットを敷きこみました。その上にハイランダーのインフレータブルマットを二連結して寝床にします。
シュラフはロゴスの冬用封筒型をダブル連結。さらにコールマンのスリーシーズン封筒型シュラフを上掛けとして使います。
シュラフ内には湯たんぽを入れ、さらに電気毛布を使用しました。
イスカのマミー型の冬用シュラフも考えましたが、そこまで冷え込まないだろうと思って封筒型をチョイスしましたが正解だったと思います。
ただ、後述するこたつの分を含めてシュラフ4個は積載に場所を取るのが玉に瑕・・・。

続いてリビングについて・・・。お座敷仕様にしました。最初にコールマンのバスタブ型のグランドシート。その上にキャプテンスタッグのアルミ蒸着クッションシート、さらにコールマンのキルティングシート、ホットカーペット、ホットカーペットカバーを敷いて完成です。

さらにこたつについて・・・。90×60のコールマンの折り畳みテーブルをロースタイルで展開、こたつ布団はコールマンのスリーシーズン封筒型シュラフをフルオープンにして使用。その上に自宅で使用しているこたつ布団カバーをシュラフの汚れ防止のためにかけます。仕上げは25年ほど前に買った、サウスフィールドのキャンプテーブルの天板を載せて完成。熱源は豆炭あんかを二個入れました。

幕内全体の暖房は「アルパカ」一台。電池式のサーキュレーターを併用します。

以上が、今回の我が家の冬?キャン仕様です。難点は敷物類が多くかさばることと、設営撤収に時間がかかることでしょうか・・・・今後の検討課題です。ただ、寒さ対策としては、今回は最低気温が2℃程度でしたので十分でした。

我が家のサイトは「B2」角地なので使い勝手は上々です。

Imgp0730-2

焚き火用に小型のポリコットンタープを張ってみました。

Imgp0731-2

入浴は場内の温泉に食事前に入りました。料金は500円。露天風呂もあるキャンプ場の風呂としては充実した施設です。

本日の夕食は奮発して常陸牛のすき焼きです。

Imgp0732-2

Imgp0734-2

Imgp0737-2

こたつにすき焼きはよく合います。

Imgp0736-2

完成です。いただきます。

Imgp0738-2

食後は焚火を楽しみました。反射板は今回導入した中華製ですが、あるとないとでは大違いです。
キャンプ前日にジェネレーター交換したノーススターは絶好調で眩い光を放ってくれています。

Imgp0740-2

アテナの内部照明は充電式LEDランタンです。

Imgp0739-2

日本酒をいただいて就寝としました(^^)/。

Imgp0741-2

明日は県境を越えて福島まで行ってみようと思っています。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧