« 「上高地遊山・初夏①」(6月2日) | トップページ | 「松本で後泊」 »

2022年6月 4日 (土)

「上高地遊山・初夏②」(6月3日)

二日目は横尾ピストンして河童橋に帰還するコースでした。

食事前に外へ出て写真撮影を・・・。

Imgp4350-2

徳沢キャンプ場には数張りのテントが・・・。

Imgp4353-2

宿はまだ静まっています。

Imgp4352-2

こちらは昨年できた徳沢ベース。
キャンプ場利用者の憩いの場のようです。

Imgp4357-2

Imgp4355-2

長塀尾根の入口です。

Imgp4356-2

こちらは日大医学部徳沢診療所です。

Imgp4358-2

夏の間のみの開所ですね・・・。

Imgp4359-2

7時に朝食をいただきます。

Dscn3701-2

食後に出発準備。我々が宿泊したのは「たんぽぽ」という洋室です。
大変快適に過ごせました。
念のためですが、テレビはありません。電気は9時には消灯となり、以降電源も使えません。したがってスマホやカメラ等のバッテリーを充電する場合は、消灯時間前に済ませる必要があります。そうです基本山小屋です。

Imgp4360-2

チェックアウト手続きをして荷物を預かってもらい、サブザックに雨衣とドリンクだけ入れて横尾ピストンに出発です。先行するパーティーは槍に向かうようです。

Imgp4364

左岸の歩道は工事のため迂回するようになっています。38年前に歩いた道です。

Imgp4365

今日は昨日に比べると雲量多めで気温は17度前後といったところです。少々風もあります。正面は蝶から常念に向かう稜線でしょうか・・・。

Imgp4366

明神から前穂

Imgp4367

調査中・・・。

Imgp4368

Imgp4369

調査中・・・。

Imgp4404

Imgp4405

エゾムラサキ

Imgp4407

カラフトダイコンソウ

Imgp4410

横尾に到着です。思ったより早かった。
実に38年ぶりです。

まだ社会人になって駆け出しの頃、職場山岳会の遅れての夏合宿(9月)の最終日に涸沢に集結して打ち上げ。翌日小生はソロで北穂、涸沢、奥穂と周回して涸沢のテン場に戻り、撤収して横尾に駆け下って再びテン泊。翌日常念まで縦走して常念小屋のテン場で幕営する予定だったのですが、折からの悪天で蝶ヶ岳ではガスガスで何も見えず、縦走打ち切りを決意して長塀尾根を徳沢に下ってそのまま帰路につきました。
その時が最初で最後の横尾訪問です。
残念なことに当時のことは何一つ覚えておらず、横尾に着いても懐かしさはほとんど感じませんでした。時が経ち過ぎた・・・。

Imgp4371-2

立派な横尾山荘。入浴設備もあるそうです。

Imgp4370-2

左奥が前穂高岳。右が屏風岩でしょうか・・・。

Imgp4373-2

Imgp4374-2

対岸まで渡ってみました。

1654348958653

迫力がありますね。

Imgp4372-2

こちらは営林署の管轄する冬期避難小屋。38年前にもあったんだと思います。

Imgp4376-2

調査中・・・。フキの綿毛だそうです。

Imgp4375-2

横尾にはニリンソウの小群落が残っていました。

Imgp4378-2

Imgp4377-2

Imgp4380-2

Imgp4379-2

Imgp4382-2

Imgp4381-2

Imgp4383-2

Imgp4385-2

Imgp4384-2

Imgp4386-2

記念に手ぬぐいと山バッジを購入しました。
さあ、戻りましょう。

Imgp4388-2

ニリンソウともお別れです。

Imgp4387-2

屏風岩をまた見に来ることはできるでしょうか・・・。

Imgp4389-2

Imgp4391-2

前穂・・・。

Imgp4390-2

のんびり戻ります。

Imgp4392-2

Imgp4393-2

徳澤園に戻って預けていた荷物を受け取って、みちくさ食堂で小休止。

Imgp4396-2

コーヒーソフトと

1654348958784

ホットコーヒーで一息入れました。

Imgp4395-2

その後明神を目指します。
こちらの木は「シウリザクラ」か!

Imgp4399-2

徳澤園ともお別れです。今回もお世話様でした。

Imgp4398-2

徳澤園前の清流です。

Imgp4400-2

ニリンソウ

Imgp4402-2

前穂高の雄姿。

Imgp4408-2

ここは見通しが悪いので出合頭にクマと遭遇した事例があったのでしょうか・・・。

Imgp4409-2

ベニバナノヘビイチゴ

Imgp4412

「ユキザサ」か・・・。

Imgp4414

古池の湧き水 クマ君がよく遊びに来るようで毎年のように目撃情報があります。

Imgp4415

Imgp4416

徳本峠分岐まで戻ってきました。あと一息で明神館です。

Imgp4417

Imgp4418-2

ちょうどお昼時になったので明神館で「明神カレー」をいただきます。

Imgp4420-2

良くも悪くもカレーらしいカレーでした。美味しくいただきました。

Imgp4419-2

明神館を後にします。

Imgp4422

カラフトダイコンソウ

Imgp4423

ミヤマカラマツ

Imgp4447 

青空に鋭鋒が映えます。

Imgp4424-2

Imgp4426-2

Imgp4425-2

神様のお住まいとしてこれ以上の場所もないかと・・・。

Imgp4427-2

明神池は今日も静寂です。

Dscn3711-2_20220605095601

1654348959079

心が洗われます。

Imgp4429-2

Imgp4431-2

Imgp4430-2

Imgp4432-2

小魚(イワナの稚魚?)君たちも元気・・・。

Imgp4434-2

以下解説不要かと・・・。

Imgp4435-2

Imgp4437-2

Imgp4439-2

Imgp4441-2

Imgp4443-2

Imgp4442-2

Imgp4444-2

Imgp4446-2

明神池を後にして梓川右岸遊歩道を進みます。
1時間弱で岳沢湿原に近づいてきました。

 Imgp4448-2

こちらは川床のコントラストが最高です。

Imgp4452-2

六百山に見下ろされている感じです。

Imgp4454-2

Imgp4456-2

この立ち枯れの木々も大正池のようにやがて無くなっていくんでしょうか・・・。

Imgp4457-2

レンゲツツジが咲き始めていました。この辺りにはシャクナゲもあるはずですが開花にはまだ早いですね。

Imgp4460-2

河童橋まで戻ってきました。道中時折パラパラとにわか雨が落ちてきましたが、振り返ると穂高の稜線はすっかり雲の中に入ってしまいました。

Imgp4461-2

岳沢小屋を遠望します。

Imgp4462-2

今日も平日ですがまずまずの人出です。

Imgp4463-2

焼岳です。

Imgp4465-2

細君がお土産の調達をしている間、私は外で待ちます。

Imgp4467-2

バスターミナルへの道すがら「最後まで雨衣を出すこともなく、二日間とも天気に恵まれて良かった」と・・・細君と話しました。
この後、沢渡大橋までシャトルバスで出て松本市内の今宵の宿へ向かいます。

初日に細君にとっては重大アクシデントがあったものの、二日間上高地の自然を満喫できて何よりでした。次回は晩秋に再訪したいと・・・。

 

※ 今回のヤマレコ記録

 

| |

« 「上高地遊山・初夏①」(6月2日) | トップページ | 「松本で後泊」 »

山歩き」カテゴリの記事

上高地」カテゴリの記事

コメント

美しい花々や絶景の山々、実に素晴しい!リフレッシュできますね〜

投稿: 会長 | 2022年6月 5日 (日) 08時28分


河童橋周辺であれば誰でも訪れることが可能ですので是非訪問してください。

投稿: 管理人 | 2022年6月 5日 (日) 12時30分

お久しぶりです 
いつもブログ拝見しています
上高地の旅 天気に恵まれよかったですね
私も 来月の上旬に宿をとりましたが
しかし我々夫婦はいつも
大正.田代.明神池周回をすることが多く
その先に行ったことがありません
妻はそれで心もが洗われると毎回喜んでいます
今度 その先へも行ってみたいと思っていますので
ご指導下さい

投稿: 温泉&ビール | 2022年6月 6日 (月) 08時35分

明神池から徳沢までは割と単調な道中ですが、途中にある古池という湧水の造る池は水の美しが格別です。
徳沢には徳澤園と松本市営の徳沢ロッジがあるのでこちらでの宿泊もお勧めです。
ただ、一番融通が利くのはやはり河童橋周辺での宿泊でしょうか・・・。

投稿: 管理人 | 2022年6月 6日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「上高地遊山・初夏①」(6月2日) | トップページ | 「松本で後泊」 »