« 2022年5月 | トップページ

2022年6月の4件の記事

2022年6月11日 (土)

「ブログの引っ越し」

12年間に渡って書き続けてきた「50歳からの徒然山日記」ですが、この度「ココログ」を卒業して「WordPress」に引っ越しすることとなりました。タイトルは「50歳からの徒然山日記Ⅲ」とさせていただきました。
長年にわたってお読みいただいた読者の皆様には厚く御礼申し上げます。
新ブログはなかなか不慣れで行き届かない点もあろうかと思いますが、記事を書き込みながら徐々にカスタマイズして行ければと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | | コメント (0)

2022年6月 4日 (土)

「松本で後泊」

上高地二日目を終えた我々は松本市内のホテルに宿泊しました。
夜は駅前の串揚げ屋さんに出陣して反省会を実施・・・ほろ酔い機嫌で酔い覚ましに松本城のライトアップを見に行きました。

まずは中町通商店街をぶらぶらと・・・日が長いので6時半過ぎでもご覧の明るさです。

Dscn3713

流石に人も車も少ない。

Dscn3714-2

このクラシカルな建物の一階に細君のお目当てのポーランドの食器屋さんが入っています。

Dscn3715-2

繩手通りの四柱神社に参拝。

 

Dscn3716-2

松本城に到着するといい塩梅に暗くなってきました。

Dscn3718-2

この夜景も美しい。

1654348959122_20220605114101

お待ちかねのライトアップです。それにしてもスタイリッシュなお城です。

1654348959177-1_20220605114101

この後、ホテルに戻って大浴場で入浴後に消灯しました。

さて翌日。朝からいい天気です。ただ、陽射しはあるのですが、吹く風は冷たく半袖では寒いくらい。まずはチェックアウト前に松本城に散歩に行きます。昨日とは雰囲気が違います。

Dscn3719-2_20220605115101

お堀に一羽白鳥がいました。

Dscn3724-2_20220605115101

東側にはこんな立派な門が・・・こちらは再建です。

Dscn3725

Dscn3726

その後宿に帰ってチェックアウト。
細君お目当てのお店は10時オープンなので、時間調整のためあがたの森公園へ・・・。
こちらは旧制松本高校の跡地で大正時代に建てられた校舎が保存されています。
以前にも書きましたが私にとっては憧れの地なのです。

Imgp4471_20220605114601

Imgp4468-2

Imgp4469-2

残念ながら本館は工事のため見学できなくなっていました。

Imgp4470

前回見学を見送った、こちらの記念館が9時に開館するとのことなので、それまで時間調整で公園内を散歩。
時間になって入館しました。
入館料は310円必要になります。

Imgp4473

大変興味深い展示の数々があります。細君も珍しく見学後に「面白かった・・・」と感想を漏らしていました。

Imgp4474

Imgp4478-2

こちらは私の出身大学の前身です。

Imgp4476-2

この旧制山形高校の本館の姿は、松本高校本館と瓜二つです。

Imgp4477-2

名残惜しいですが、あがたの森公園を後にします。

Imgp4479-2

中町通り商店街の駐車場に車を停めました。

Imgp4481

まずはこちらのお店に。バームクーヘンの専門店です。親戚や友人へのお土産を買い求めます。

Imgp4482

2つ目の目的地であるポーランドの食器を扱うお店は開店が11時なので、竹風堂屋さんで休憩することにします。

Imgp4484

クリーム栗あんみつをいただきました。美味しかった・・・(^^♪。

Imgp4483

さて時間になったので最終目的地訪問です。
細君はお目当てのものが無く半分がっかりしたようでしたが、それでもお皿を2枚買い求めました。

Imgp4486

こうして松本での半日観光と買い物を済ませた我々は、途中諏訪SAで昼食休憩を取って安全運転で帰宅しました。
今回の旅は天気にも恵まれ、細君も私も初期の目的が達成できて何よりでした。

次回は夏に近隣でキャンプをして、安曇野観光を楽しむつもりです。

| | | コメント (4)

「上高地遊山・初夏②」(6月3日)

二日目は横尾ピストンして河童橋に帰還するコースでした。

食事前に外へ出て写真撮影を・・・。

Imgp4350-2

徳沢キャンプ場には数張りのテントが・・・。

Imgp4353-2

宿はまだ静まっています。

Imgp4352-2

こちらは昨年できた徳沢ベース。
キャンプ場利用者の憩いの場のようです。

Imgp4357-2

Imgp4355-2

長塀尾根の入口です。

Imgp4356-2

こちらは日大医学部徳沢診療所です。

Imgp4358-2

夏の間のみの開所ですね・・・。

Imgp4359-2

7時に朝食をいただきます。

Dscn3701-2

食後に出発準備。我々が宿泊したのは「たんぽぽ」という洋室です。
大変快適に過ごせました。
念のためですが、テレビはありません。電気は9時には消灯となり、以降電源も使えません。したがってスマホやカメラ等のバッテリーを充電する場合は、消灯時間前に済ませる必要があります。そうです基本山小屋です。

Imgp4360-2

チェックアウト手続きをして荷物を預かってもらい、サブザックに雨衣とドリンクだけ入れて横尾ピストンに出発です。先行するパーティーは槍に向かうようです。

Imgp4364

左岸の歩道は工事のため迂回するようになっています。38年前に歩いた道です。

Imgp4365

今日は昨日に比べると雲量多めで気温は17度前後といったところです。少々風もあります。正面は蝶から常念に向かう稜線でしょうか・・・。

Imgp4366

明神から前穂

Imgp4367

調査中・・・。

Imgp4368

Imgp4369

調査中・・・。

Imgp4404

Imgp4405

エゾムラサキ

Imgp4407

カラフトダイコンソウ

Imgp4410

横尾に到着です。思ったより早かった。
実に38年ぶりです。

まだ社会人になって駆け出しの頃、職場山岳会の遅れての夏合宿(9月)の最終日に涸沢に集結して打ち上げ。翌日小生はソロで北穂、涸沢、奥穂と周回して涸沢のテン場に戻り、撤収して横尾に駆け下って再びテン泊。翌日常念まで縦走して常念小屋のテン場で幕営する予定だったのですが、折からの悪天で蝶ヶ岳ではガスガスで何も見えず、縦走打ち切りを決意して長塀尾根を徳沢に下ってそのまま帰路につきました。
その時が最初で最後の横尾訪問です。
残念なことに当時のことは何一つ覚えておらず、横尾に着いても懐かしさはほとんど感じませんでした。時が経ち過ぎた・・・。

Imgp4371-2

立派な横尾山荘。入浴設備もあるそうです。

Imgp4370-2

左奥が前穂高岳。右が屏風岩でしょうか・・・。

Imgp4373-2

Imgp4374-2

対岸まで渡ってみました。

1654348958653

迫力がありますね。

Imgp4372-2

こちらは営林署の管轄する冬期避難小屋。38年前にもあったんだと思います。

Imgp4376-2

調査中・・・。フキの綿毛だそうです。

Imgp4375-2

横尾にはニリンソウの小群落が残っていました。

Imgp4378-2

Imgp4377-2

Imgp4380-2

Imgp4379-2

Imgp4382-2

Imgp4381-2

Imgp4383-2

Imgp4385-2

Imgp4384-2

Imgp4386-2

記念に手ぬぐいと山バッジを購入しました。
さあ、戻りましょう。

Imgp4388-2

ニリンソウともお別れです。

Imgp4387-2

屏風岩をまた見に来ることはできるでしょうか・・・。

Imgp4389-2

Imgp4391-2

前穂・・・。

Imgp4390-2

のんびり戻ります。

Imgp4392-2

Imgp4393-2

徳澤園に戻って預けていた荷物を受け取って、みちくさ食堂で小休止。

Imgp4396-2

コーヒーソフトと

1654348958784

ホットコーヒーで一息入れました。

Imgp4395-2

その後明神を目指します。
こちらの木は「シウリザクラ」か!

Imgp4399-2

徳澤園ともお別れです。今回もお世話様でした。

Imgp4398-2

徳澤園前の清流です。

Imgp4400-2

ニリンソウ

Imgp4402-2

前穂高の雄姿。

Imgp4408-2

ここは見通しが悪いので出合頭にクマと遭遇した事例があったのでしょうか・・・。

Imgp4409-2

ベニバナノヘビイチゴ

Imgp4412

「ユキザサ」か・・・。

Imgp4414

古池の湧き水 クマ君がよく遊びに来るようで毎年のように目撃情報があります。

Imgp4415

Imgp4416

徳本峠分岐まで戻ってきました。あと一息で明神館です。

Imgp4417

Imgp4418-2

ちょうどお昼時になったので明神館で「明神カレー」をいただきます。

Imgp4420-2

良くも悪くもカレーらしいカレーでした。美味しくいただきました。

Imgp4419-2

明神館を後にします。

Imgp4422

カラフトダイコンソウ

Imgp4423

ミヤマカラマツ

Imgp4447 

青空に鋭鋒が映えます。

Imgp4424-2

Imgp4426-2

Imgp4425-2

神様のお住まいとしてこれ以上の場所もないかと・・・。

Imgp4427-2

明神池は今日も静寂です。

Dscn3711-2_20220605095601

1654348959079

心が洗われます。

Imgp4429-2

Imgp4431-2

Imgp4430-2

Imgp4432-2

小魚(イワナの稚魚?)君たちも元気・・・。

Imgp4434-2

以下解説不要かと・・・。

Imgp4435-2

Imgp4437-2

Imgp4439-2

Imgp4441-2

Imgp4443-2

Imgp4442-2

Imgp4444-2

Imgp4446-2

明神池を後にして梓川右岸遊歩道を進みます。
1時間弱で岳沢湿原に近づいてきました。

 Imgp4448-2

こちらは川床のコントラストが最高です。

Imgp4452-2

六百山に見下ろされている感じです。

Imgp4454-2

Imgp4456-2

この立ち枯れの木々も大正池のようにやがて無くなっていくんでしょうか・・・。

Imgp4457-2

レンゲツツジが咲き始めていました。この辺りにはシャクナゲもあるはずですが開花にはまだ早いですね。

Imgp4460-2

河童橋まで戻ってきました。道中時折パラパラとにわか雨が落ちてきましたが、振り返ると穂高の稜線はすっかり雲の中に入ってしまいました。

Imgp4461-2

岳沢小屋を遠望します。

Imgp4462-2

今日も平日ですがまずまずの人出です。

Imgp4463-2

焼岳です。

Imgp4465-2

細君がお土産の調達をしている間、私は外で待ちます。

Imgp4467-2

バスターミナルへの道すがら「最後まで雨衣を出すこともなく、二日間とも天気に恵まれて良かった」と・・・細君と話しました。
この後、沢渡大橋までシャトルバスで出て松本市内の今宵の宿へ向かいます。

初日に細君にとっては重大アクシデントがあったものの、二日間上高地の自然を満喫できて何よりでした。次回は晩秋に再訪したいと・・・。

 

※ 今回のヤマレコ記録

 

| | | コメント (4)

「上高地遊山・初夏①」(6月2日)

一昨日から2泊3日で信州の旅に出かけて来ました。
初日と二日目は上高地トレッキング・・・。今回のネーミングは「上高地遊山」にしてみました。

第一日目は自宅を6時過ぎに出発しました。
沢渡のいつも利用しているひぐちドライブインに到着したのは11時20分。上高地行きのバスは11時33分発とオーナーが教えてくれたのですが、ちょっと間に合いそうもありません。そこで今回はタクシーを奮発することにしました。
タクシーは定額制で大正池まで3,900円でした。

大正池には観光客がそこそこいました。空は快晴と言って良く、焼岳もくっきりと・・・。火山活動の警戒レベルが2に引き上げられているので登山することはできない模様です。
山肌が膨張しているとかで・・・。沈静化してくれるといいのですが・・・。

Imgp4252-2

Imgp4253-2

Imgp4254-2

こちらは穂高連峰です。すっきりクリアーなパノラマが広がっています。

Imgp4256-2

細君も撮影に余念がありません。

Imgp4255-2

雲の影が山肌に映って明暗を分けていますね・・・。

Imgp4257-2_20220605065601

少々奥まったビューポイント。

Imgp4259-2

Imgp4260-2

西穂から奥穂までの稜線がくっきり見えています。

Imgp4263-2

ズーム。

Imgp4269-2

田代湿原に到着です。吊尾根上空には雲が出ていますが、山を隠してはいません。

Imgp4268-2

Imgp4270-2

田代池です。安定の美しさ。

Imgp4272-2

Imgp4271-2

Imgp4274-2

霞沢岳を仰ぎます。

Imgp4276-2

田代湿原に戻りました。

Imgp4278-2

長らく通行止めになっていた梓川沿いの遊歩道も補修工事が終わったようです。

Imgp4279

途中梓川の河畔に出ます。焼岳がお見事。

Imgp4280-2

川面がキラキラしています。

Imgp4281-2

美しい・・・。

Imgp4283-2

ニリンソウです。

Imgp4287-2

今回最も多く見かけた「ラショウモンカズラ」です。

Imgp4284-2

Imgp4286-2

ニリンソウ

Imgp4288-2

花より団子で中の瀬園地で小休止。

Imgp4292-2

細君お手製のキュウリの一夜漬け(^^)/。

Imgp4293

ごちそうさまでした。

Imgp4294

「ベニバナイチヤクソウ」か・・・。

Imgp4295

シロバナノヘビイチゴ

Imgp4296

こちらの白い花は何でしょうか・・・。

Imgp4303

ベニバナイチヤクソウ。下から開花するというので間違いないか・・・。

Imgp4304

梓川沿いの気持ちの良い道。

Imgp4307

六百山

Imgp4297-2

吊尾根と明神岳。

Imgp4298-2

ケショウヤナギと清流と山と残雪が絵になる。

Imgp4302-2

河童橋は近い。

Imgp4306-2

到着。最高の景観。

Imgp4308-2

Imgp4309

時刻は13時半。これから徳澤まで2時間はかかるので河童コロッケを食す。

Imgp4312

ワサビコロッケです。

Imgp4311

この時レンズフィルターを汚してしまったようで、以降画面に汚れが映り込んで一部ぼやけていますがご容赦を・・・。

Imgp4314

Imgp4315

清流清水川。

Imgp4316

小梨平に相応しく小梨の花が開花している。

Imgp4318

Imgp4319

こちらはニリンソウ

Imgp4320

ラショウモンカズラとニリンソウのコラボ。

Imgp4322

ニリンソウ

Imgp4325-2

Imgp4324-2

明神岳の雄姿 フィルターの汚れが目立つ('_')

Imgp4327-2

Imgp4326-2

明神館に到着。ここに至る間に細君の天敵に遭遇してひと騒動。細君それでも何とか頑張りました。

Imgp4330-2

今日は明神がすっきり見えている。

Imgp4331-2

明神館は素通りして徳沢を目指します。

Imgp4332

古池の透き通った水はすばらしい。

Imgp4333

こちらは「エゾムラサキ」

Imgp4336

汚れが気になる。

Imgp4337

熊ベル鳴らしました。

Imgp4338

徳沢のニリンソウ

Imgp4339

前穂から明神への荒々しい稜線

Imgp4343

Imgp4340-2

道中アクシデントに見舞われましたが無事に今宵の目的地に到着です。今回で3度目の徳澤園です。

Imgp4341-2

Imgp4348-2

Imgp4342-2

玄関前に山シャクヤクが・・・。初めて見ました。翌日横尾から戻ると花が開いていたのですが写真を撮り忘れました。

Imgp4345-2

Imgp4346

Imgp4344

時刻は午後3時10分を少し回ったところです。
部屋で少々くつろいでミネラルたっぷりのお風呂に入って汗を流しました。

6時からお待ちかねの夕食です。

Dscn3694-2

Dscn3689-2

Dscn3691-2

Dscn3692-2

Dscn3693-2

どれも美味しくいただきました。今回は特に「こごみ」が美味しかった。

時刻は19時です。外はまだ明るい。

Dscn3695-2

お腹一杯です・・・。

Imgp4349

かくして第一日目は無事?に終了しました。
細君にアクシデントさえなければ天気も良く極めて良い一日だったのですが・・・。

 

| | | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ