« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月の5件の記事

2022年4月18日 (月)

「筑波山で春の花を楽しむ(4月17日)」

筑波山の4月と言えば「カタクリ」と「ニリンソウ」を思い浮かべるのは私だけではないでしょう・・・。
そんなわけで「カタクリ」にはちょっと遅いかもしれませんが、「ニリンソウ」は見ごろではないかと思い出かけてきました。
この北面の登山道は、昨年一時立入禁止措置が取られたらしいのですが、SNS情報によるとその後解除されたということです。

自宅を5時半過ぎに出発して7時前には男の川コースの登山口脇に到着。先着車は2台です。
身支度をして出発です。

Imgp4005

大瀧大聖不動尊にお参りをして道中の安全をお願いします。

Imgp4006

まずはカタクリが・・・。花は開いていません。

Imgp4014

ニリンソウもまだ眠たそうです。

Imgp4015

「ハルノトラノオ」です。

Imgp4018

群落が出てきました。こちらも花が閉じています。

Imgp4020

ところどころにカタクリも・・・。花が開くにはもう少し日が当たらないとダメですかね。

Imgp4022

「ソウシチョウ」に出くわしました。鮮やかな色彩の美しい鳥ですが、特定外来生物なんですね・・・。

Imgp4029-2

ニリンソウの群落です。結構花が開いてきています。

Imgp4023

そうこうしていると薬王院コースに合流しました。

Imgp4030

自然研究路の分岐です。南回りコースで男体山頂を目指します。

Imgp4031

こちらは「カタクリ」と「ニリンソウ」の穴場です。

Imgp4035-2

タチツボスミレです。

Imgp4038-2

山頂到着。今日は遠望は全くダメですね・・・。

Imgp4040-2

Imgp4041-2

Imgp4042-2

「キクザキイチゲ」発見。

Imgp4043-2

「カタクリ」

Imgp4047-2

ブナの樹間から女体山頂を望みます。

Imgp4048-2

ケーブルカー、ロープウェイの始発はまだ動いていないので御幸ヶ原も静かです。

Imgp4049-2

男体山側のトイレは工事中ですが、女体山側のトイレは改修工事が完了していて大変快適なトイレに生まれ変わっていました。

Imgp4050

山頂からの眺望です。やはり遠くは見えません。

Imgp4051-2

つつじが丘方面です。霞ケ浦は何とか見えています。

Imgp4052-2

筑波高原キャンプ場に向けて下り始めるとすぐにニリンソウが・・・昨年と同じ場所で可憐に咲いています。

Imgp4054-2

カタクリの群落。お休み中。

Imgp4056-2

こちらは元気に花を開いています。

Imgp4059-2

イイ感じに撮れました。

Imgp4065-2

林床にカタクリがいっぱい広がっています。

Imgp4076-2

筑波高原キャンプ場まで下ってきました。

Imgp4077-2

咲き残りの桜がキレイです。

Imgp4079-2

こちらで小休止。筑波山北面に来た時は、こちらでの休憩が一番落ち着きます。今日のザックはボレアスです。

Imgp4080-2

キャンプ場の流し場近くにはニリンソウの群落が広がっています。

Imgp4081-2

Imgp4082-2

Imgp4083-2

Imgp4084-2

Imgp4086-2

Imgp4087-2

Imgp4088-2

Imgp4090-2

Imgp4091-2

Imgp4093-2

十分に楽しんだ後林道を歩いて駐車場所に戻ります。女の川コース登山口にこちらのプレートが出ているのに気が付きました。新しい感じですから、最近掲出されたのではないでしょうか・・・。

Imgp4097

新緑のシーズンがやってきますね・・・。

Imgp4096-2

山笑う季節です。

Imgp4098-2

Imgp4099-2

駐車場に帰還しました。駐車車両でいっぱいです。

Imgp4102-2

進入禁止のプレートが出ているか確認すると出ていました。朝はまったく気が付きませんでしたが、結構目立っています。
掲出の目的は「希少動植物の保護」ということのようです。ただ、男の川コースにしろ女の川コースにしろニリンソウやカタクリの群生地があり、春から初夏を中心に多くの地元ハイカーが訪れていると思うのですが・・・。それに筑波山登頂の古道でもあるはずです。

Imgp4103-2

今後の国と県の動向を見守る必要がありそうです。
最後に今日のブーツです。先日入院から戻ってきたKEENです。ソールのクッションも良好で軽いハイキングにはぴったりですね・・・。

Imgp4104-2

意外な展開があった今回の筑波山でしたが、来年の春には晴れ晴れとした気分でニリンソウ群生地を再訪できると嬉しいのですが・・・。


※ 今回のヤマレコ記録

 

| | | コメント (2)

2022年4月16日 (土)

「KEEN退院」

およそ二か月間の入院期間を経て「KEEN」が退院してきました。
仕上がりは素晴らしい。大満足です。

純正のソールはトゥーカバーがもっと大き目(KEENのブーツの特徴)でしたが、Vibramソールになってちょっとすっきりした感じです。

Dscf4001-2

「Vibram」の黄色いロゴが際立ちます。

Dscf4004-2

後ろ姿はこんな感じ。

Dscf4002-2

ソールはこちら。柔らかめでグリップ力が強そうな印象です。Vibram564Kというソールです。

Dscf4003-2_20220416080701

早く履いてみないといけませんね・・・。

| | | コメント (2)

2022年4月13日 (水)

「栂池自然園スノーシューハイク(4月10日)」

今回の信州の旅2日目は、地元小谷村観光連盟主催の「山岳ガイドと行く栂池自然園スノーシューハイク」に参加しました。
集合はゴンドラリフト駅前に午前8時ですが、朝食を午前7時に準備していただけたので、ゆっくり食事をしても十分間に合いました。

こちらが我々の泊まった宿「やまきゅう荘」です。車はツアー終了まで駐車場に置かせていただけました。

Imgp2242-2

宿の前からゲレンデ越しに見る鹿島槍ヶ岳。何とも美しい双耳峰です。

Imgp2200-2

こちらは五竜岳です。

Imgp2201-2

三角錐のビラミタルな山が白馬槍ヶ岳、その右隣が杓子岳です。

Imgp2202-2

観光連盟の方に受付をしてもらい、ガイドさんに挨拶をしてゴンドラリフトの列に並びます。既に結構長い列になっています。

Imgp2204-2

ゴンドラリフト、ロープウエイを乗り継いで栂池自然園駅で下車しました。若干の準備体操をしてスノーシューを履きます。既に強烈な陽射しなのでジャケットを脱ぎました。

Imgp2205-2

絶景目指して出発です。参加者は8人です。

Imgp2206-2

白馬槍ヶ岳と杓子岳。否が応でもモチベーションがアップします。

Imgp2207-2_20220415190001

一番手前から栂池山荘、公衆トイレ(屋根だけ見えています。)、栂池ヒュッテ、旧栂池ヒュッテと並んでいます。

Imgp2209-2

天狗原目指して多くの登山者(バックカントリースキーヤーがほとんど。)が登っていきます。

Imgp2208-2

しばらく歩いてヒュッテを振り返ります。

Imgp2210

いやあ・・・見たかったのはこの景色なんです。

Imgp2211-2_20220415190101

右から小蓮華岳、白馬岳、杓子岳、白馬槍ヶ岳がずらりと・・・。

Imgp2212-2

3つ目の尾根筋に展望台があるのですが、ガイドさんの説明だと今日は時間的に行くのが難しいとのことです。残念・・・。

Imgp2213-2

グリーンシーズンにはコメツガの森なんでしょうが、今は多くが雪の下になっています。

Imgp2214-2

白馬岳をズーム。

Imgp2215-2_20220415190101

船越ノ頭と小蓮華

Imgp2216-2

記念撮影

Imgp2219-2

どこを切り取っても絵になります。

Imgp2222-2

1900メートル峰付近にあったダケカンバの美木

Imgp2224-2_20220415190401

杓子岳と白馬槍ヶ岳

Imgp2225-2

アップすると惚れ惚れする山容。

Imgp2226-2

ランチ休憩となりました。

Imgp2227-2

強いてこのコースの弱点を上げれば風景がほぼ同じということでしょうか(^^♪。

Imgp2229-2

白馬岳と飛行機雲

Imgp2230-2

白馬乗鞍岳には大きな雪庇ができています。

Imgp2231-2

正面は八方尾根です。左が五竜岳、右が唐松岳です。

Imgp2233-2

栂池を行く登山者

Imgp2235-2

こちらでシリセー遊びをしました(^^)/。

Imgp2236-2

さあ帰りましょう。

Imgp2237-2

白馬岳も見納めか・・・。

Imgp2238-2_20220415190501

お昼を回っているのにこれから登っていく登山者もいます。テン泊ですね・・・。

Imgp2239-2

絶景を目に焼き付けます。

Imgp2240-2

予定はゴンドラリフト駅で13時半に解散でしたが、予定より早く13時過ぎには下山しました。
今日のガイドは園部さんという女性でしたが、話好きのフレンドリーなガイドさんでした。普段はバックカントリースキーのガイドをされているそうです。
先日新調したGARMONTのスノーブーツを初めて履きましたが、ソフトな足あたりで大変快適でした。今まで履いていたモンベルのブーツは下りでどうしても不安定さが出ていましたが、GARMONTはブーツの中で足が動くこともなくなかなか良い買い物をしたと思っています。

帰路はガイドさんお薦めのこちらの日帰り温泉に立ち寄りました。
湯船に浸かりつつ目の前に広がる鹿島槍から杓子岳までのパノラマに感動です。お湯は鉄分の色なのか茶褐色で大変温まりました。値段も600円とリーズナブルです。

Imgp2243-2

ホームページから写真を拝借しました。

Index_topimg03

その後は長野インターまで一般道で出て、上信越道そして渋滞回避のため北関東自動車道経由で無事自宅に戻りました。350キロほどの長距離運転は結構痺れました(+_+)。

栂池自然園でのスノーシューは、10年ほど前から気になり続けていたのですが、なかなか出かける機会に恵まれませんでした。
今回念願叶い、ドピーカンの下で北アルプスらしい大展望が満喫できて本当にラッキーでした。

来年は遠見尾根や八方尾根でのスノートレッキングも楽しんでみたいと思っています。


※ 今回のヤマレコ記録

| | | コメント (2)

「善光寺・前立本尊御開帳(4月9日)」

土日を利用して栂池自然園にスノーシューハイクに出掛けてきました。
長野県の小谷村まで我が家から車で行くとなると優に5時間はかかります。とても日帰りはできないので、栂池高原スキー場のゴンドラリフト乗り場にほど近い宿で前泊することにしました。
そうすると初日は比較的余裕ができるので、7年ぶりに前立本尊が御開帳されている善光寺を参拝し、お昼は門前で美味しいお蕎麦をいただくことにします。

自宅を6時過ぎに出て途中コンビニで朝ご飯を調達して一路長野インターを目指します。善光寺に着いたのは10時過ぎです。御開帳の影響で周辺道路も混雑しているのではと心配しましたが、意外にスムースに善光寺の敷地に隣接する駐車場に車を入れることができました。

山門に御開帳期間であることが大きく掲出されています。

Dscn3591-2

こんな高札が出ています。

Dscn3592-2

本堂前には回向柱が・・・・。この柱に触るとご本尊に触るのと同じ御利益があると言われているそうです。我々も並んで触りました。

Dscn3594-2

御利益ありますように。

Dscn3597-2

本堂側から見るとこんな感じになっています。本堂で御開帳されている前立本尊にお参りして、引き続き戒壇巡りをしました。

Dscn3599-2

御利益に恵まれたいものです。
こちらは表参道の様子です。そこそこの人出ですね。

Dscn3600-2

参道沿いには宿坊があります。

Dscn3601-2

こんな盆栽のような桜の木が・・・。

Dscn3602-2

お昼はこちらのお店をチョイスしました。

Dscn3603-2

天ぷらそば蕎麦をいただきました。しこしことした美味しい蕎麦です。天ぷらも美味しかった。

Dscn3604-2

こちらのお店は…?。お店の前の椅子にヒントが隠されています。

Dscn3606-2

そうです。唐辛子屋さんです。善光寺に来るたびに買い求めています。

Dscn3607-2

Dscn3609-2

スターバックスも門前町に相応しい店構えになっています。

Dscn3610-2

こちらのお店でわらび餅を求めました。これが大変美味しかった。

Dscn3611-2

この後、今宵の宿の栂池高原に所在する「やまきゅう荘」へと向かいました。
「やまきゅう荘」は今のご主人で三代目ということで、開業50年の由緒あるスキーロッジです。
食事も大変美味しく館内(とりわけトイレが奇麗)も清潔に保たれていました。
写真は夕食です。

Dsc_0651_20220414204901


布団は羽根布団で快適です。やることもなく明日に備えて9時には消灯しました。

予報では明日も「☀」、気温もかなり高めとなりそうです。

 

 

| | | コメント (3)

2022年4月 3日 (日)

「ガイド山行キャンセル」

本来であれば今現在、川場スキー場のゲレンデトップから上州武尊に向かって稜線を歩いているはずでした。
ところが今朝の地元駅から上野駅に出る始発電車が、障害物にぶつかったということで一時運転見合わせとなり、乗るはずだった新幹線に間に合わなくなってしまったのです。

止む無く今日のガイド氏に電話連絡をして参加できない旨を伝え、早割で予約していた新幹線もキャンセルしました。
何ともやるせない気持ちでいっぱいです。久しぶりにトップ靴の店のレザーブーツと12本爪アイゼンの感触を楽しむ予定だったのに・・・。

何とかリベンジを考えないと・・・。

 

| | | コメント (2)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »